home初めての方へ講師紹介料金音源Q&A問い合わせ生徒の声
リィディアンオーギュメントスケール のサウンド
(2011年1月 6日 01:59)

オーギュメントのサウンドについてです。





ド レ ミ #ファ #ソ ラ シ




という音になるリディアンオーギュメントスケール




#5 の 響きってなんか感じづらいと思います。





頭の中でナチュラルマイナースケールのb6を考えれば音は出てくるんだけど、

って方も、augコードを鳴らしてこのスケールを自由にLeap(跳躍)して歌うって

ほんとに時間が必要だと思います。





そこで、こういうサウンドをてっとり早くものにするには、

やはり既存の曲などを日ごろから移動ドとかで歌ったりするのが重要だと

思います。





そこで今日はその例として



「Spring is here」


というジャズスタンダードを紹介します。



リチャード・ロジャース

という超いい曲ばかり作るジャズコンポーザーの曲です。



歌詞はロレンツ・ハートという方。

もはや名コンビ。


良く聞く名です。



verse(歌の前の語りと歌の中間みたいな所。ミュージカルとかによくある) が冒頭にあって

実際の曲は0:50くらいから。



「春が来たのに なんで私の心は躍らないんだろう?」



という歌詞で始まるこの曲、春の曲にしては憂いに満ちていて美しい。




出だしが 


「spring is here 」



で始まる。ここを移動ドで歌うと




シードーラー




になります。




キーはD(人によって違うがリンクの音源はD)




この曲のBメロの5小節目から、その前の



「me」


って歌詞で一回D音、曲にルートに解決するので分かりやすい。



時間で行くと 1:32あたりのところからが、




思い切りリディアンオーギュメントの音階です!!



歌詞は


「maybe it`s because nobody needs me 」



となってるんですが、ここを移動ドで歌うと



key of D


ミ #ファ(フィ) #ソ(ソィ) ラ シ ド レ ミ #ファ(フィ) ナチュラルのソー






になっているわけです。



コードは6度マイナーと2度7thから5度7thって感じですかね。





少し難しいですが、こんな感じで曲を移動ドで歌うのは

ジャズギターの金字塔で有名な布川俊樹さんもHPでおっしゃってます。



ぜひいろんな曲をトライしてみましょう!!




転調する曲は大変ですけど・・・



でもアントニオ・カルロス・ジョビンの曲のBメロとか、

転調して移動ドで歌ってみると、ただスーパーインポーズしてるだけで

すごい単純だったりしますよ。


イパネマとか


ウェイブとか・・・




Twitter も やってるよ


ID:makotopitt

講師マコトピットの、リアルな情報配信中!見逃すなかれ!!

アメブロも更新中だよ
マコトピット
多功 誠の音楽日記

上のブログとは違い、普段の活動なんかをアップしてるよ♪
業務提携サイト



『naked heart sports』
学童保育 結(ゆい)


【対応楽器】
エレキギター&アコースティックギター
【対応ジャンル】
ロック、ブルース、ジャズ、ボサノバ、ポップス、など
【対応エリア】
東久留米市、清瀬市、西東京市、新座市、小平市、東村山市、所沢市
などから、お越し頂いております
■駐車場もあります

Copyright(C)2010 takou All Right Reserved.